2006年01月13日

考察(テイルズ オブ ジ アビス)


連続で、ゲームネタと相成った。
取り敢えず以下から。続きを読む
posted by yaku at 22:13| 広島 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

ホワイト問題(賛成編)

昨日とは、全く違う事を書くが、それは優柔不断だからではなく(それもあるかもしれないが)、どちらも私の意見だ。出来れば、昨日の「反対編」と、共に見て欲しい(順番はとわない)。
当然、賛成について書くわけだが、この事を書く上で、前提条件としてあるのは、「はたして、私たちは何かしているのか?」という事だ。良く考えても、考えなくとも、おそらく答えは、何もしていない、だろう(私を含む)。口だけで、良い事を言いながらも、実際のところ何もしていない人が、大半だ。作業をしている人を「偽善」と、呼ぶ人もいるかもしれないが、偽善と、本当の善意の違いなど、人間の心がこもっているか否か。それだけにすぎない。善を受ける側にとって、どちらも大差はない。面倒だと愚痴りつつも、実際に作業する方が、「〜をしよう」と、気持ちを込めて叫ぶより、遥かに、比べる価値もなく、意味がある様に思う。「ホワイトバンド」は、現実に作業をしている。そして、少なからず影響を与えている。この事は、評価出来る。まあ、要するに、「正式に、メディア等(テレビや新聞等)で、批判するには、まず同じ土俵の上に立ってからに(何らかの作業を行ってからに)しませんか?」という事。まあ、私も人のことは言えないが……

おしまい
posted by yaku at 11:41| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ホワイト問題(反対編)

今日から、別記事に書くことにした。読みやすいし

言葉を正確にすると、「ホワイトバンド問題」だ。「反対編」があるからには、「賛成編」もある。おそらくは、明日アップする予定。出来るだけ中立的な立場から書きたいので、両面からのアプローチを試みたい。
まず、はたして「ホワイトバンド」に、いみはあるのか。と問いかけたい。確かに話題となった。しかし、現実問題其れで、解決の方向へと向かうのか。あくまで「ホワイトバンド」は、世界に現状を訴えかけるための媒体であって、それ自身(いわゆる売り上げ)が、直接アフリカに対して働くわけではない。「ホワイトバンド」を買ったとしても、その他、全く行動にうつさなければ、ただたんに売り上げに貢献しただけとなってしまう。次に、私達が考えなければならないのは、目を向けるのがアフリカだけでよいのか。と言うことだ。私達が、今もっとも、目を向けなければ、ならないのは、「イラク」なのではないか。このことは、私達に責任の一端があると言っても過言ではない。首相とその一段が、勝手にやったことだと言っても、当事者たちが、そう思うとは到底思えない。もっとも、流行に乗りたい人間は、ホワイトバンドを買いながら、イラク戦争を肯定する側に票を入れたのだろう。(別に批判ではない)話がずれたが(軽く意図的)。他にもある。ホワイトバンドに関するホームページ(リンクは貼らないが)だ。そこで自由に意見を書き込む場所があった。そこに、批判的な意見(きちんと論理だてした。荒らしとは到底思えない)を書いた方がいた。しかし、主催者側は、それに答えることなく、それを削除したのだ。自分たちに都合の悪い文章に対して、明確な答えも出せない、慈善組織など、あってはならないように思う。
以上、反対編。(おそらく誤字脱字あり)

おしまい
posted by yaku at 00:05| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。