2005年09月30日

音楽ネタ(1)次が有るかは知りません

最近好きなのは"Pink Floyd"ってバンド。の"Animals"ってアルバム。

知らない人も多いかと思う。いつ頃でたものかは知りませんし、このバンドが何時から活動しているのかもよく知りません。でも好きです。

何というか、歌詞が破滅的で大好き。だって”見よ、豚が宙を飛ぶ”ですよ。ああ、もう最高です。この一つのワードで引きつけられました。これほど歌で衝撃を受けたのはひさしぶりですよ。

それだけです。
なんか書いとかないとな〜って思いました次第でして。文章、文法破綻ちゅう
あ――眠……

おしまい。
posted by yaku at 02:22| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-49 [レイ]

最初から最後まで戦闘だったので、ていうかぞれがガンダムなんですけどね。
ですが――とても楽しめました。

<シン>
結局最後まで議長側でしたね。というか主人公の位置替え、思想替えがない作品というのも珍しいですね。
少し、主人公(EDではキラが主人公でしたが……)に付いての考察。普通、敵として相応しいとよばれるのは何かに”心酔する人”。誰かにの言葉、または自分の考えを”信じすぎてしまう”人物。だと考えます。だから、私達はその敵である彼の存在を否定し主人公を応援しようとします。ですが、それが私達が応援しようとする主人公だったらどうなるのでしょうか?――誰かに心酔する主人公。それは主人公らしくは有りませんが、よく考えてみると私達自身は”主人公”ではないんです。主人公にはなり得ないんです。ですから、物語の中に私達の存在を当てはめてみるときっと私達は”心酔する側”になるんだと思います。そう考えるとシンは私達を投影した主人公という存在になるのではないかと思います。――出来るだけ良く考えてみました。
考察おしまい。

<キラ&アスラン>
強い
特にめぼしい会話はなし。
戦闘ばっかでしたから仕方のないことだと思うので――

<レイ>
キラのために作られた試験用ボディ?よく解りませんが、キラにフラガ家の特殊遺伝子を受け継いでいる可能性が高いということでしょうか?そうなるとキラのニュータイプ的発言、行動に説明がつくのかもしれません。

<イザーク&ディ(ry>
結局、何だったの?中継点はすぐにミーティアでぶった切ったから殆ど役に立ってませんでしたよね?


眠いんで、適当に書きました。
――おしまい
posted by yaku at 22:12| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(18) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-48 [新世界へ]

ミニ総集編から始まりましたね。
一瞬今回も総集編かもしれないと軽い冷や汗をかいちゃいました。

<シン>
まともなセリフが殆どなかったのは私の気のせい?――気のせいですよね。うん。納得することにします。無理矢理にでも……。だって主人公なんですから……ね。セリフが少ないなんてあり得ないじゃないですか。そうこれはあり得ないんですよ。
それにしても、なんというか。完全にレイに丸め込まれている様子は滑稽でもありますね。もう少し自分の意見を口に出して言いましょう。”これがお前の望んだ世界だ”に答えることの出来ないシン。きっとアスランの”お前の望んだ物は何だ?”が引っかかっているのでしょうね。――ようやく意味のある過去のセリフが出てきた気がします。

<レイ>
クローンと言うことが判明!――別に驚きはしませんでしたが、で、誰のクローンなの?アル?ラウ?前者だったらまだしも(この言い方ちょっと変かも……)後者だったら結構残酷ですよね。今までの反応からしてレイはラウの事を崇拝まではいかないでも慕っていたことは確かです。しかしそれが、その苦しみがすべてラウから与えられていた。ということになるんですから。――私個人としては後者のような気がします。長く生きられない(×生きれない)ラウがもう一人世界に絶望させる存在を作る。まあ、論理としては間違ってない気がします。それに、レイが生み出されたときには既に研究所は消えていたはずですし、アルも死んでいるはずです。

<ラクス>
怖い。――今回、殆ど怒り顔で占められていました。前回のミーアの死が原因か?彼女の死によって今までデスティニープランに対する印象が嫌悪→憎悪に変化したと言うことでしょうか?――まあ、どうでも良いですけど。

<カガリ>
偉くなった。と思いましたね。――元々地位はかなり高かったのがそれに中身がついてきたというか、ようやく国家の代表という立場が板に付いてきた感じがします。これから彼女は殺し合いと言う戦場ではなくて、政治という場の戦場に立つことになるのでしょう。
地球軍基地が討たれた今、次に戦場になるのは確実にオーブなのですから。

<キラ&アスラン&etc...>
う〜ん、あんまりセリフがなかったし殆ど言っている事が同じなんで――どうでも良いです。

<でゅ欄樽←デュランダルです>
彼はレクイエムの存在をあらかじめ知っていたと言うことでしょうか?あらかじめそれを想定した作戦をとっていたように思えます。
逆らうなら殺すという事。――戦争の根本でしょうね。利益ではない。政治ではない。やっていることはただの子供。遙か昔からやってきた戦争が始まりました。遺伝子という人類がたどり着いた自分自身を変革する存在を――古代からの方法で替えようとする。結局は人を殺すんですけどね。――どちらにしても戦争ですから。

<デスティニープランについて私の意見>
あくまで戯れ言です。
聞き流してください。
いくら何かに為りたくて努力しても自分の未来は決定されている。そんなものがうまくいくわけないんじゃないかと思うんです。努力に対する対価が存在してないから頑張らなくても良い。――デスティニープランの中では誰でも思うと思います。対価もないしに努力もするなんてそんな人間がいるでしょうか。…………になりたいから勉強をする。…………になりたいから運動をする。…………が欲しいからお金を稼ぐ。人間てのはそんな存在だと思います。こんな世界だと自然と生産が起こらなくなる。――そして滅亡。こんなところでしょう。


おしまい。
posted by yaku at 21:33| 広島 | Comment(0) | TrackBack(15) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

FF7ACを見た

CGがめちゃくちゃ凄かったです。

特にアクションとそれに関わるカメラワークが。完全CGだからこそ出来るカメラワークですね。ていうかアクションだけ見れば(物語もですけど……)、う〜ん――マトリクスは確実に超えてますね。まぁ比べる物を間違っていると言えばそれまでですけど……。

内容の感想は以下よりどうぞ感想を読む
posted by yaku at 19:42| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

ハノイの塔

最近のテレビCMでハノイの塔って云うパズルゲームが紹介されてましたが、


そもそもハノイの塔とは、

○リュカが考えたモノで、ブラフマーの塔という世界の中心を表す聖堂があって――どこだったかは忘れましたが。そこには3本のダイヤモンド?(大理石だったかも)の柱があり、その一本に64枚の黄金の円盤が大きい順に重ねられていて。僧がそれを一日中円盤を別の柱に移し替えている。――因みに小さな円盤の上に大きな円盤を乗せることは出来ない。
そして、すべての円盤の移し替えが終わったときこの世は崩壊するという伝説のことです。

-------------------------------------

まあ、テレビCMでやっているゲームの円盤の数は8枚だった気がしますが、実際64枚も使ったら大変なことになりますね。

8枚だったら255回で、64枚だったら…………。実際計算しようとすると大変なことになることが解ると思います。一個一秒だとしても何千億年もかかりますから……



おしまい
posted by yaku at 00:29| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(3) すれ違う視線



アニメを見て全く解らなかった――解らせようとしなかったキャラクターの心情がうまく描かれていて、特に主人公3人(?)キラ、アスラン、シン達の違和感のあったアニメとは違い、彼らの主張、それぞれの信じるものを丁寧に書いてあり好感が持てました。

また、セリフにも補正が加えてありより良いものになっていたのも好感が持てる形であったように思います。

感想はネタバレなので以下より

感想を読む
posted by yaku at 08:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-46 [真実の歌]

最初だけですか……ミネルバは……
登場が少なすぎです。
あ、でも、スタートが、回想じゃあなかったのは少し嬉しかったです。

<ルナマリア>
結局何がしたいのか?
シンとの良い仲は前回までですか?
よく解りませんね。――まあ、解ろうとも思いませんが。

<シン>
相変わらず、――変わらなすぎは度を超えてますけど。真っ直ぐな人間ですね。
特にルナマリアとの会話を見てると思いました。
こういう人は特に好きな人と嫌いな人に別れるんだろうな〜。と思いました。
ちなみに、わたしは好きではありません。(――嫌いというわけではありません)
それだけですけど……。
まあ、登場機会が少ないから仕方がないと割り切るしかないですね……。

<アスラン>
やっと、シンの話題が出てきました。キラとそのことについて話さないのは可笑しいと思ってましたし、やっぱ少し落ち着いたからでしょうか?
サングラスはお気に入り?
やっぱ、キラとラクスには頭が上がらないというか……。絶対にあの二人には勝てないようです。
白兵戦能力はキラを遙かに凌ぐらしくピョンピョン跳びはねて、なんというか――さすがもと赤服、もと特務隊、もと国家代表護衛、もとフェイスですね。(肩書き多いなー)

<キラ>
銃は苦手?まあ、訓練もあまりしてないんでしょうね。好きなことは一生懸命だが、苦手なことは全然一生懸命にはなれないって言ってましたし。――言ってた気がします。

<ラクス>
いつの間にメイリンとあんなに仲良くなっていたんだ?
っていうか何で気づかれない?――あんなど派手な髪の毛しといて。
それに銃撃戦になった際、一番冷静だったのもラクスだったと思います。

<ミーア>
側近の超能力を使えそうな女性は何者?あの変なサングラスも、笑いを取ろうとしているようにしか見えません。でも、いかにも悪女って感じですね。
死に方はありがちでしたが、あの狂乱ぶりはとてもリアルに感じました。
人っていう種族は、一度甘いものに慣れてしまったらそこから抜け出すことは出来ない。の典型ですね。

<メイリン>
”思いっきり罠ですね”
は笑えました。
それだけ


来週は何?な”ミーア”ですけど、ホント何?回想?止めてくれ。そろそろ急いで伏線回収を求めます。

おしまい
posted by yaku at 21:02| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(27) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すげー久しぶりの更新らしいです

最近全く更新してませんでした。

理由はいろいろ。実家に帰ったり、いろいろしてたらいつの間にやらって感じですね。

まあ、今晩に久しぶりのガンダムの感想でも書こうかなとでも思ってます。

----------------------------------

言い訳、および今後(今日)の予定はここまでとして、

何をしていたかというと、本を読んでました。

今読んでるのは、

キルケゴールの言葉 大谷愛人(訳編)

時間の矢 リチャード・モリス(著)荒井蕎(訳)

イギリス色の街 連健夫(著)

創竜伝1〜10 田中芳樹(著)

未明の家
玄い女神
灰色の砦
原罪の庭 篠田真由美(著)

ほとんど同時進行で読んでます。

読んだもので言えば今のところ上のを外して20冊程度でしょうか?少し少ないかもしれませんが、これからスパートです。

いっぱいあるのでリンクを貼る気にもなれません。

ほしい方は出来ればこのブログにあるamazon検索にでもかけてみてください。

どれもおもしろいですよ〜。

全体的にお勧めです。

感想を書くかもしれませんし、書かないかもしれません。

何個か書くかもしれませんが、全く書かないかもしれません。

まあ、そんな感じです(汗


おしまい

posted by yaku at 18:05| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。